スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっき仕入れた情報

それを元に小話を!
ではスタート!




(ソファーで読書中のシュウにハルカが近付いてくる)

「シュウ!」

「何だい?」

「今日って何の日か知ってる?」

「さあ?」

「あのね、5月23日はキスの日なんだって!」

「ふーん。」(ちゅっ)

「な、何するのよ!」

「何って誘ったのは君だろう?」

「誘ってないわよ!ただ、今日がキスの日ってさっき知ったから……。」

「じゃあ、その話題を出して、君は何をしたかったんだい?」

「えっと……。」

「やっぱり、キスしたかったんじゃないか。」

「ち、違うかも!キスだけしたかったんじゃないもん!ぎゅってしてほしくて……あ。」

「まったく可愛いね、君は。」

「ち、違うかも!」(顔真っ赤)

「はいはい、おいで、ハルカ。」(両手を広げる)

「違うもん……。」(耳まで真っ赤)

「ほら、おいで。」

「別に、シュウとキスなんてしたくないもん……。」

「ぼくはしたい。来てくれないか、ハルカ?」

「……。」(無言でシュウの腕の中へ)

「よしよし。」(頭なでなで)

「……シュウが言ったから来たんだからね。」

「はいはい。」(ぎゅっ)

「……わたしは別にしなくてもいいんだからね。」(涙声)

「はいはい。」

「……シュウ。」

「何だい?」

「……キスしたいならしてもいいよ。」






恥ずかしがり屋のハルカに乾杯!(笑)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。